◆日本女子プロゴルフツアー アース・モンダミンカップ 第3日(27日、千葉・カメリアヒルズCC=6622ヤード、パー72)

 2位で出たツアー通算3勝の渡辺彩香(26)=大東建託=は3バーディー、2ボギーの「71」をマークし、首位と4打差の4位でホールアウトした。1番でボギーを叩いたものの、続く2番のバーディーですぐに取り返し、最終18番でも最終日につながるバーディーを奪った。

 気温が上がる中でのプレーになり「セカンドのミスが目立った。もうちょっとバーディーチャンスにつけられたら良かった」と反省したが、優勝を狙える好位置で最終日を迎える。ドライバーの調子は良いそうで「しっかり気持ちよく振れているので、多少の曲がりも気にならない。ティーショットは今日はかなり良い感じに打てていたのでプラスかなと思います」と手応えも見せた。昨季は出場した30試合で予選を通過できたのはわずか7試合。久しぶりの優勝争いを制し、2015年「樋口久子 Pontaレディス」以来、5年ぶりの勝利をつかみにいく。