◆JERAセ・リーグ公式戦 ヤクルト―巨人(27日・神宮)

 ヤクルト・小川泰弘投手(30)は6回途中4失点で降板した。

 この日は中6日で今季2度目の先発。初回に2死満塁のピンチをしのぐなど、粘りの投球で5回まで巨人打線を無失点に封じていたが、6回に先頭の岡本にソロを献上。さらに1死一塁とし、パーラに右翼へ逆転2ランを浴びた。続く大城、投手の田口に連続二塁打を許すと、101球で交代を告げられた。