◆JERAセ・リーグ公式戦 ヤクルト―巨人(27日・神宮)

 ヤクルト・村上宗隆内野手(20)が6試合ぶりの2号を放った。

 2点リードを逆転された直後の6回。代わったばかりの左腕の高木から右翼席中段へ豪快な一発を運んだ。「先頭打者でしたので、塁に出ることを心がけて打席に入りました。追い込まれていたのでコンパクトに強くをイメージして打ちました」と声を弾ませた。