◆楽天―日本ハム(27日・楽天生命パーク)

 日本ハムが5回に3点を勝ち越した直後にまさかの1イニング10失点を喫した。

 4回まで1失点の先発・加藤が無死一、二塁からブラッシュに適時打を浴びた所で降板。無死一、三塁で2番手・玉井が登板したが、浅村に初球を捉えられ、逆転3ランを浴びる。

 さらに2死から銀次、太田、辰巳に3連打を浴びて1失点すると、茂木に四球、鈴木には押し出し四球。3番手の堀もブラッシュに押し出し四球、浅村には右越えに2点二塁打を浴び、守備の失策の間にこの回10失点目を奪われた。