27日の東京11R・アハルテケS(3歳上オープン、ダート1600メートル=13頭立て)は2番人気のアシャカトブ(牡4歳、美浦・小笠倫弘厩舎)が最後の直線で内をついて鋭く伸び、首差で勝利した。勝ちタイムは1分36秒1。

 前の2頭がデッドヒートを繰り広げる中、最内を突いたアシャカトブが後方から鋭い脚で最後に差し切った。4角7番手から進路を内にとってのV。

 強い勝ち方をしたが、その後にアクシデントが起こった。入線後にアシャカトブがつまづいて、転倒。鞍上の戸崎騎手も落馬した。馬は複数箇所に擦過傷を負ったが、大事には至らず。ジョッキーも無事だった。

 近走は1800〜2100メートルの距離を使っており、マイルは8戦ぶり。戸崎騎手は「好位で競馬できたし、追ってからしぶとく伸びてくれている。前よりレースぶりがよくなった。1600メートルでもついていけた」と喜んでいた。