◆パ・リ−グ ロッテ2x―1オリックス=延長10回=(27日・ZOZOマリン)

 開幕2戦目から2016年以来4年ぶりの6連勝中だったロッテが、サヨナラ勝ちして7連勝とした。1―1の延長10回2死一、二塁、新人の代打・佐藤都志也捕手(22)=東洋大=がオリックス・6番手の沢田からプロ初安打となる右中間への適時打を放って試合を決めた。

 初回にロッテ先発・種市がオリックス・先頭の中川に先頭打者本塁打を被弾。たった5球で先取点を献上した。だが、直後の1回裏。ロッテも先頭の荻野が右翼線への二塁打で出塁すると、相手のミスなどもあって無死三塁から、岡の三ゴロの間に1点を返してすぐに同点に追いついた。

 2回以降は投手戦が繰り広げられて、スコアボードには「0」が並び続けた。オリックス・田嶋、ロッテ・種市の両先発が好投。田嶋は2〜4回の3イニングをパーフェクトに抑えるなど、7回途中まで追加点を与えなかった。種市も負けじと3〜6回の4イニングをパーフェクト。3回以降は1安打も許すことなく、7回3安打8奪三振1失点と力強い投球を見せた。

 救援陣も踏ん張った。ロッテは8回に2番手・ジャクソンが三者凡退。9回は益田が2死二塁のピンチを背負い、ロドリゲスに左前安打を浴びたが、左翼手・岡の好返球で本塁を狙った代走・佐野をタッチアウトにして勝ち越し点を許すことはなかった。延長10回はハーマンが危なげなく三者凡退で抑えた。

 オリックスも、7回2死二塁でリリーフした比嘉が中村を遊ゴロに打ち取ると、8回は増井がピンチを背負いながら無失点。9回に守護神・ディクソンが四球と安打で1死も奪えずに降板したが、ヒギンスが無死満塁のピンチを切り抜けていた。

 ロッテは19日の開幕戦・ソフトバンク戦(ペイペイD)こそ落としたが、翌20日から4年ぶりの7連勝。今季は新型コロナウイルスの影響でパ・リーグは同一カードの6連戦が組まれているが、オリックス相手に“6タテ”まで、あと1勝とした。

 ▽種市(7回3安打1失点と好投)「立ち上がりがちょっとフワフワした感じがあったので、そこは先頭バッターから低めにコントロールしていけたらなと思います。前回良くなかったフォークが低めに決めれていたことは良かったと思います。試合中に修正できた点も良かったと思います」