◆JERAセ・リーグ公式戦 DeNA―阪神(27日・横浜)

 阪神は手痛いミスから失点し、いきなりリードを吐き出した。初回にマルテの犠飛とボーアの来日初タイムリーとなる左前適時打で2点を先取したが、その裏にいきなり手痛いミスが出た。

 先頭・梶谷の中堅への飛球に対し、近本が目測を誤り、捕球できなかった。記録は二塁打となり、出塁を許すと、岩貞がソト、佐野に適時二塁打を許し、簡単に同点に追いつかれた。

 チームは3連敗中で開幕から1勝6敗と低空飛行が続いている。この日はシーズンに入って初めてマルテ、ボーア、サンズの「MBS砲」をそろい踏みさせたオーダーを組んだが、厳しいスタートとなった。