◆JERAセ・リーグ公式戦 DeNA6―8阪神(27日・横浜)

 DeNA・山崎康晃投手(27)が、通算306試合目の登板で初めてけん制球を投じた。

 1点リードの9回2死一塁、大山に対して2ボール1ストライクとした場面。4球目を投げる前に一塁走者の代走・植田に2球連続で一塁けん制球を投じた。プロ6年目で初めて。

 しかし、4球目に植田に二盗を許すと、その後2死一、二塁からサンズに逆転3ランを浴びた。