◆日本女子プロゴルフツアー アース・モンダミンカップ 第3日(27日、千葉・カメリアヒルズCC=6622ヤード、パー72)

 2000年度生まれ「ミレニアム世代」で、プロデビュー戦の安田祐香(19)=NEC=は56位から出て5バーディー、1ボギーの68。プロ転向後初のアンダーパーで回り、首位と8打差の通算3アンダー27位に浮上した。

 安田は10番から出て、後半で4つ伸ばした。上がりの9番パー3は約3メートルのバーディーパットをねじ込み、3日連続でバーディー。「パットが良くなってきている。リズム良く回れました」とうなずいた。安田と3日連続で、同組で回った吉田優利(20)=エプソン=も69で回り、2アンダーで、56位から34位に浮上した。