◇日本女子プロゴルフツアー アース・モンダミンカップ 第4日(28日、千葉・カメリアヒルズCC=6622ヤード、パー72)

 1997年の日本女子オープン以来となる予備日使用による29日への順延決定を受け、最終日最終組の3選手が日本女子プロゴルフ協会を通じてコメントした。

 3打差2位で、昨年の富士通レディースで、ツアー史上7人目のアマチュア優勝を飾った古江彩佳(20)=フリー=は「気持ちを入れてもしょうがないので、ゆっくりしていました」と泰然自若の構え。

 今大会はショットの安定感が抜群の2000年度生まれの“ミレニアム世代”は「キャディーさんと相談して、明日の戦略などを立てたいと思います」と、プロ初優勝に照準を合わせた。