◆JERAセ・リーグ ヤクルト0―12巨人(28日・神宮)

 巨人の岸田行倫捕手(23)が7回に代打で出場。この打席は二ゴロ併殺だったが、そのままマスクをかぶり、9回の2打席目で右前安打を放った。

 「代打から守備につけて、いいリズムで2打席目を迎えられたことが、いい結果につながったと思います。今日は2打席ありましたが、一発目から結果を出せるように、鼻息プンプンで頑張っていきたいです」とコメントした。

 前日27日の同カードで代打でプロ初安打初打点を記録。これで2試合連続安打となった。

 報徳学園高、大阪ガスから17年ドラフト2位で入団した強肩強打の捕手。2軍では4番を務め、左尺骨骨折で登録抹消の小林に代わって1軍に昇格した。