◆JERAセ・リーグ ヤクルト0―12巨人(28日・神宮)

 巨人の宮国椋丞投手(28)が12―0と大量リードの9回に登板。テンポ良く打者3人を6球で抑えて1回無失点で試合を締めた。

 開幕から3試合連続無失点で迎えた前日27日の同カードでは、1点リードの6回1死一、二塁から登板も、四球が絡んで2失点した。

 連投となったこの日は好投し「意気に感じて投げました。昨日の今日でしっかりと抑えることができて良かったです」と話した。