◆ドイツ ブンデスリーガ フランクフルト3―2パーダーボルン(27日・フランクフルト)

 最終節が各地で一斉に行われ、ブレーメンの日本代表FW大迫勇也(30)が2得点1アシストをマーク。ホームでケルンを6―1で下して16位に浮上し、自動降格を回避して2部3位との入れ替え戦(7月2、6日)に回ることが決まった。大迫はリーグが選出するマン・オブ・ザ・マッチデー(各節の最優秀選手)に選出された。フランクフルトの同MF鎌田大地(23)はホームでパーダーボルンを3―2で退けた。鎌田はフル出場し、MF長谷部誠(36)は欠場した。

 得点に絡むことはできなかったが、フル出場した鎌田は得意のドリブルでの仕掛けや鋭い抜け出しなどで勝利に貢献した。コロナ禍の中断明けはゴール数やアシスト数を伸ばし、得点に絡む活躍が増えた。

 「ダブルダブル」と呼ばれる公式戦10得点10アシストには1アシスト及ばなかったが、シントトロイデン(ベルギー)への期限付き移籍からの復帰1年目で大きな成長をみせた。「今は自信もあるし、気持ちの面でかなり成長できたと思う」と話しており、フランクフルトとの契約延長も濃厚。来季はドイツでの得点量産に加え、これまでは目立ったプレーができなかった日本代表での活躍への期待も高まる。