楽天から新加入した巨人のゼラス・ウィーラー内野手(33)が30日に東京ドームで入団会見を行い、1軍登録されることが29日、分かった。同日のDeNA戦で“即デビュー”する可能性も浮上した。最終的には試合前練習の状態を見て首脳陣が判断するが、左翼、一塁、代打の切り札などさまざまな起用法が考えられる。東京Dでの打率も高く、新助っ人への期待が膨らむ。

 ○…現状、巨人の1軍には投手がサンチェス、メルセデス、デラロサ、野手がパーラと4人の外国人がいる。ウィーラーが加われば「投手3・野手2」となる。今季はコロナ特例で外国人枠が「4」から「5」に拡大された。5人登録していても、ベンチ入りは4人まで(投手、野手ともに最大3人)と決まっている。巨人の場合、先発ローテのサンチェスとメルセデスが同日にベンチ入りすることがないため、ウィーラーが加わっても外国人枠に支障なし。しばらくは「野手2人」+「抑えのデラロサ」+「先発投手1人」という形で運用することになりそうだ。