巨人の高橋優貴投手(23)が30日、ジャイアンツ球場のファーム練習でブルペンに入った。

 室内練習場で捕手役のスタッフに45球。「体に負担のかからないフォームをピッチングコーチ、トレーニングコーチにアドバイスしていただきながら、試行錯誤して取り組んでいます。現時点では良い形だと思っています。この期間でなるべく100%に持っていき、早くゲーム復帰できるように頑張ります」と話した。

 2年目の今季は貴重な左の先発候補としてキャンプ1軍スタートだったが、3月に左肘の違和感で離脱。それ以来、患部の状態を見ながら慎重に調整を進めているが、この日は力強く腕を振って回復をアピールした。