左尺骨骨折のためリハビリ中の巨人・小林誠司捕手(31)が30日、ジャイアンツ球場で練習した。室内練習場で、ティー打撃などで汗を流した。

 故障している左腕をトップの位置までバットにそえて取り組み、早期復帰へ懸命の練習を続けている。