◆パ・リーグ ロッテ―楽天(30日・楽天生命パーク)

 8連勝中のロッテが初回から勢いを見せた。先頭の荻野が中前二塁打を放ち出塁。続く角中が捕犠打でランナーを進めた1死三塁で「3番・指名打者」の清田育宏外野手(34)が、楽天・弓削の変化球を完璧に捉え左翼席へと運んだ。

 「打ったのはカットボールです。ランナーが三塁にいましたし外野フライ、もしくは内野ゴロでも荻野なら帰って来れると思っていました。結果的にホームランになってくれて良かったです」と笑顔。今季11年目を迎えるベテランが2号先制弾でチームを勢いづけた。