◆パ・リーグ ロッテ―楽天(30日・楽天生命パーク)

 ロッテの先発・二木康太投手(24)が1回1/3を6安打6失点で降板した。

 初回は3人で抑えるも、2回に試練が訪れた。

先頭の浅村に左翼線二塁打を浴びると、そこから崩れ始め、続く島内、ロメロ、銀次と4者連続安打を浴び2失点。さらに無死二、三塁から太田の遊ゴロの間に1点を追加されると、1死三塁で辰巳に中前適時打を浴びさらに失点。持ち直したいところだったが続く茂木に四球を与え、無念の降板となった。

 交代してマウンドに上がったのは中村稔。1死一、二塁で迎えた鈴木大に初球をバックスクリーン右へと運ばれる3ランを浴び、この回計7失点。昨季までの“先輩”に痛恨の1発を浴びた。