◆JERAセ・リーグ 巨人―DeNA(30日・東京D)

 この日、24歳の誕生日を迎えた岡本和真内野手がバースデー同点打を放った。1点を追う6回1死一、二塁。場内にはチャンステーマも流れ、ベンチのボルテージも上がっていた。6回途中で交代した国吉から右翼線へ技ありの適時打。盛り上がるベンチへ向かって、主砲は一塁ベース上で右手を突き上げた。

 この日から合流しているウィーラーも、最前列で大喜びした。

 この日の試合前まで4割7分2厘と打率はリーグトップ。絶好調の若大将が自らのバースデーに花を添えた。

 勢いづいた巨人は直後にパーラが適時打を放ち勝ち越し。6回を終えて3―2とリードしている。