◆西武―オリックス(30日・メットライフドーム)

 オリックスのアデルリン・ロドリゲス内野手(28)が、価値ある来日1号を放った。3点を追う、7回無死二塁。カウント0―1から、高橋光の外に逃げる134キロのスライダーをうまくバットに乗せた。高く舞い上がった打球は、左中間席に着弾。1点差に詰め寄る一撃で、反撃ののろしを上げた。

 ロドリゲスは「打ったのはスライダー。しっかりと捉えることができたよ。T(―岡田)が出て、チャンスをつくってくれていたし、チームの得点になるバッティングができてよかった」とコメントした。