◆JERAセ・リーグ公式戦 巨人5―2DeNA(30日・東京D)

 昨年プロ初白星を手にした記念すべき相手との今季1戦目で、見事に試合の流れを作った。戸郷が今季2試合目の登板となるDeNA戦に先発し、6回1/3を4安打4奪三振2失点。今季初勝利を挙げた23日・広島戦に続く好投で開幕2連勝を果たした。

 初回はこの日までにチーム打率3割6厘とリーグトップを誇るDeNA打線につかまった。梶谷、ソトに連打を浴びると、その後佐野の犠飛と宮崎の中前適時打で2点を失った。しかしその流れを引きずらず、2、3回をともに3人で抑えると、その後もテンポの良いピッチングで好調の打線を封じた。

 7回、柴田に二塁打を浴びたところで勝ち投手の権利を持ったまま2番手・高木に交代。中川―デラロサで締めくくり、戸郷に勝利を送った。