◆JERAセ・リ−グ 巨人5―2DeNA(30日・東京ドーム)

 ハッピーバースデー、若大将! 巨人・岡本が同点タイムリー&ダメ押しソロで、24歳の誕生日を自ら祝った。12打点はヤクルト・山田哲を抜いてリーグトップ。5本塁打もトップの広島・鈴木誠に並び、リーグ“3冠王”だ。丸には待望の今季1号が飛び出し、0・5ゲーム差だったDeNAを下して首位をがっちりキープ。2連勝で、貯金を今季最多の5とした。

 祝砲の音はすさまじかった。岡本のバットにはじかれた打球は一直線に伸び、左中間席へ飛び込んだ。2点リードの8回1死。真ん中に入ってきたエスコバーの156キロをとらえ、3試合連発となる5号ソロをたたき込んだ。「チームが勝てたことが一番うれしい」。24歳の誕生日を自ら祝う、初のバースデー弾で試合を締めた。

 新たな一年を踏み出した4番を、運も後押ししてくれたのか。1点を追う6回1死一、二塁。国吉の外角変化球をこするように振り抜くと、小飛球は右翼線ギリギリのフェアゾーンでバウンドした。「心の底から、『切れるな!』と思いました。食らいついていった結果がヒットになってよかった」。試合を振り出しに戻すタイムリー。驚いたような表情を浮かべつつ、自軍ベンチに向けて右腕を突き上げた。

 昨年の誕生日は、秋田でのヤクルト戦だった。1打席目、スタンドのファンが「バースデーソング」を大合唱しようとした直後、いきなり初球を打ち上げて一飛に倒れた。のちに「(大合唱が)恥ずかしいので、初球を打つって決めてたんです…」と真相を告白。その後の打席ではきっちり挽回し、2安打の活躍でチームの勝利に貢献したが、シャイな一面ものぞかせていた。

 照れ屋である一方、サービス精神は旺盛だ。オフの野球教室で、チビッ子から打席に立つ際の心構えを質問された。常勝軍団の4番。重圧と向き合うために様々なことを考えていると思いきや、答えはシンプルだった。「『ここで打てば盛り上がるな』とか考えてるかなぁ」。この日も、球場の空気を変える同点打、そしてトドメを刺すアーチだった。

 史上最年少での3冠王へ好スタートを切った。打率4割7分5厘、5本塁打、12打点でリーグトップ。得点圏打率8割5分7厘と、勝負強さも驚異的だ。4番の活躍でチームは首位攻防の初戦を制し、原監督は「(6回の同点打は)技ありの一打というんでしょうかね。まさに若大将のごとくチームを引っ張ってくれている」と絶賛した。24歳となっても、まだまだ進化の途上だ。(尾形 圭亮)