Jリーグは1日、試合に関わる競技記録や試合中のパフォーマンスに関するデータなどを総称して「J STATS」という新しいネーミングにすることを発表した。

 「J STATS」はJリーグが認める、試合に関わる様々な競技データの総称。メンバー表や得点者、警告/退場といった試合記録に関わるものから、選手ごとのパスやドリブル、ボール支配率といったプレーに関するデータ、試合中の走行距離や選手のポジショニングなどの位置情報(トラッキングデータ)など、競技記録系データからパフォーマンス系データまでを含む。

 ファン・サポーターにデータをより身近で親しみやすいものになるように、またデータによる新しいサッカーの楽しみ方の提供し、日本サッカーの強化・育成・普及への貢献を目指す。