横浜Mや柏などで活躍したMF狩野健太(34)が1日、自身のインスタグラムを更新し、現役を引退することを発表した。

 狩野は「オファーも頂きましたが、考えた末に次の道に進むことを決意致しました。振り返ってみると、決していいことだけではないプロ生活でした。ケガに苦しみ、自分自身納得するプレーも出来ず、応援してくださる皆様に喜んでもらえなくて苦しむときもありました。それでもサッカーと真摯に向き合うことだけは自分に誓って15年間やってきました。それだけは自信を持って言えますし、自分の誇りです」などとつづった。

 狩野は2005年に静岡学園から横浜M入り。13年に柏へ移籍し、16年からは川崎、18年からは徳島でプレーした。徳島と19年限りで契約満了となり、今季は所属先がなかった。J1通算148試合出場13得点、J2通算29試合出場1得点。