米女子プロゴルフ協会(LPGA)は30日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、9月3〜6日にカナダ・バンクーバーのショーネシーCCで開催する予定だったCP女子オープンを2021年に延期すると発表した。

 LPGAのマイク・ワン会長は「大会に関わる全ての人にとってつらい決断だと思う。しかし、渡航制限に直面しており、開催が可能ということは決してない。カナダのナショナルオープンが開催されないのは残念だが、私たちは来年バンクーバーに戻るのを楽しみにしている」とコメントした。

 米女子ツアーは、7月31日〜8月2日の新規大会、ドライブ・オン選手権(米オハイオ州インバネスC)で再開予定となっている。