2日の広島戦(神宮)で先発するG・イノーア投手(27)が1日、初勝利へ向けて決意を示した。

 6月23日の阪神戦(神宮)で来日初登板を果たすも、試合前に鼻血が出るアクシデントもあって、6回途中4失点で敗戦投手。当初は同30日の広島戦(神宮)で先発予定だったが、雨天中止となったことで中8日でのマウンドとなった。登板日がずれることになったが「それは問題ないですね、どんな状況でも準備が出来ているので大丈夫です」。好調広島打線を相手にするが「高めに投げず、低めに投げることに集中したい」と初勝利へ意気込んだ。

 30日にはバリカンを握って、自らの髪の毛を短く整えた。気合の表れなのか、さっぱりとした右腕は出来について「100点満点!」と納得していた。