元参院議員でプロレスラーの大仁田厚(62)が1日、自身のツイッターを更新。公職選挙法違反(買収)容疑で逮捕された前法相の衆院議員・河井克行容疑者(57)と妻で参院議員の案里容疑者(46)それぞれに夏のボーナス約319万円が満額支給されたことに怒りをあらわにした。

 「河井夫妻に支払われるボーナスも歳費も国民の血税なんだぜ。票をお金で買う行為は許されるもんじゃあないぜ」と、つづった大仁田。

 さらに「河井夫妻はボーナス歳費返上」のハッシュタグを付けて連続ツイート。「国民は怒っているぜ。コロナ禍で国民はボーナス消滅の所もあるのが現実なのに、逮捕されたふたりでもボーナス640万円、歳費260万円が支給される。選挙資金には1億5000万円でる始末。夫妻は黙って受け取るのか? 国民は納得しないと思うぜ。起訴はないと思っているのか?」と怒りを隠さず続けていた。