日本ラグビー協会は1日、オンライン会見を開き現行のトップリーグ(TL)に代わる新リーグの準備状況を説明した。6月26日に締め切った参入には、TLの16チーム、下部のトップチャレンジリーグ(TCL)の8チーム、さらに下部のトップキュウシュウに所属する中国電力の計25チームが申し込んだ。母体を持たない新規参入チームは年内に説明会を開き、2年目以降に参加できるように図る。

 初年度は22年1月の開幕を目指す。当初の21年初秋からは遅れる形になったが谷口真由美新リーグ法人準備室室長は「東京五輪延期の影響があった」と説明。1〜3部制でチーム数の振り分けは今年末までに設定する。どのチームが入るかは21年1〜5月に開催予定のTLの結果、事業性を考慮して決める。