◆JERAセ・リーグ公式戦 中日6―3阪神(1日・ナゴヤD)

 阪神の新外国人、ジャスティン・ボーア内野手(32)が、待望の来日初本塁打を放った。

 4点を追う9回先頭。左腕・岡田の初球、118キロのスライダーを捉えると、ライナー性のすさまじい打球が右翼席に着弾。来日39打席目でついにホームランが飛び出した。

 さらに、これまで左投手相手には2月の実戦(オープン戦、紅白戦、練習試合、公式戦)から27打席連続無安打と苦しんでいたが、28打席目での初ヒットがホームランに。球団ワーストの開幕4カード連続負け越しが決まった中、一筋の光が差し込んだ。