◆「JERAセ・リーグ公式戦」巨人3―5DeNA(1日・東京D)

 DeNAが3点差を逆転勝ちし、今カード1勝1敗に戻した。

 初回、今季初先発の桜井が先頭への四球から盗塁を許し、暴投で無死三塁。丸の中前適時打で1点を許した。4回には3本の単打で1死満塁とし、大城に左前へ2点適時打を浴び降板。4回途中7安打3失点だった。

 5回、大和が左翼席へ2年ぶりとなる1号ソロで反撃。7回2死二、三塁で宮崎が中川からボテボテの内野安打で1点差とした。8回2死満塁でオースティンが右翼フェンス直撃の3点三塁打を放ち逆転に成功した。

 DeNAは7回から石田、パットンと勝ちパターンを投入。パットンは7回2死から4者連続三振とピシャリ。9回は山崎が締めた。