◆JERAセ・リーグ 巨人3―5DeNA(1日・東京ドーム)

 巨人が8回に逆転を許し、DeNAに敗戦した。

 初回、3試合連続「1番・二塁」で先発出場の増田大が四球で出塁すると、すかさず盗塁を決め、無死二塁。その後DeNAの先発・桜井の暴投で無死三塁となり、先制のチャンスを迎えると、30日まで5試合連続安打を放っている2番・丸が左前適時打。先制に成功した。

 1点リードの4回、先頭の4番・岡本がこの日2本目となる左前安打。5番・陽岱鋼は右飛に倒れるも、続くパーラ、30日に移籍後初安打を放っているウィーラーの連続安打で満塁とし、8番・大城が桜井の外角カットボールを左前適時打。2点を追加し、リードを広げた。

 5回に先発・メルセデスが大和にソロを被弾。7回にこの回からマウンドに上がった3番手・中川が宮崎に適時打を許し、1点差とされた直後の8回、中継ぎ陣が崩れた。4番手・沢村が先頭の代打・乙坂に四球を許す。続く柴田を空振り三振に抑えるも、代打・楠本に四球を許し、1死一、二塁で5番手・高木に交代。高木は1番・梶谷に遊安打で1死満塁。続くソトを空振り三振に抑えたが、3番・オースティンが右翼フェンス直撃の適時三塁打。この回一挙3失点した。

 2点を追う巨人は9回、先頭の代打・中島がこの回からマウンドに上がった山崎の148キロ直球をうまくはじき返し、左前安打を放つも、続く大城、亀井が凡退。最後は代打・石川が空振り三振に倒れ、ゲームセットとなった。

 先発のメルセデスは、6回途中7安打1失点で勝ち投手の権利を得て降板したが、今季初白星とはならなかった。