走り高跳びで全国へ 斜里小・金沢世凪君 「自己新とV狙う」

走り高跳びで全国へ 斜里小・金沢世凪君 「自己新とV狙う」

 【斜里】斜里小6年の金沢世凪(せな)君(11)=知床斜里ランニングクラブ=が、横浜市で18、19日に開かれる第33回全国小学生陸上競技交流大会(日本陸上競技連盟主催)の男子走り高跳びに出場する。室蘭市で7月に開かれた北海道小学生陸上競技大会で自己ベストの1メートル39センチを跳んで優勝し、初の全国切符をつかんだ。「全国でも力を出し切りたい」と意欲満々だ。

 金沢君は3年生の時に陸上競技を開始。当時は町内にクラブがなかったため、清里町の陸上少年団に所属し、短、中距離走に取り組んだ。昨年、知床斜里ランニングクラブが設立されると同クラブに所属。川内涼監督らの勧めで走り高跳びに転向し、その後頭角を現した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

北海道新聞の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

北海道のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索