白糠高の学力向上へ町の補助を大幅増 106万円→新年度1235万円

 【白糠】町は新年度、白糠高に対し、学力向上を柱とした魅力づくりのサポートを充実させる。これまで年間約100万円(2016年度は106万円)を白糠高教育振興協議会を通じて補助してきたが、新年度は総額1235万円に拡大。棚野孝夫町長は「町にとって大事な高校。時代に即した魅力ある学校へのリニューアルを応援したい」と話す。

 町はこれまでも、校外授業でのバス代や各種検定の受検料などを一部支援してきた。新年度はこれに加え、授業に使うタブレット端末40台を町が購入して貸与し、無線LANを設置して情報通信技術(ICT)を生かした教育環境を整える。

 また、大学受験や公務員試験のための衛星放送講座や教材を取り入れ、進路対策もサポートする。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

北海道新聞の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

12時09分更新

北海道のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索