子羊、白ヤギ母さんと一緒 生後10日「まるで親子」 長沼・ハイジ牧場

子羊、白ヤギ母さんと一緒 生後10日「まるで親子」 長沼・ハイジ牧場

 【長沼】町内の観光牧場「ハイジ牧場」(東9線南2)で、6歳の雌ヤギが、生後10日ほどの子羊に乳を飲ませるなど母親のように育てており、観光客を楽しませている。牧場は今年で開業41年目だが、職員たちは「ヤギが羊を育てたのは初めて」と驚いている。

 「子供」の黒い子羊(雄)は今月9日、通常の1・5倍ほどの大きさで誕生。難産で、職員が出産を手伝ったことなどから母羊の子羊に対する関心が薄く、育児は難しいとみて職員が世話をしていた。11日に職員が子羊と雌ヤギを同じ飼育場に入れてみたところ、子羊が雌ヤギの後ろを付いて歩く、寄り添って寝るなど相性が良く、それ以降は本当の母子のような関係が続いている。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

北海道新聞の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

09時15分更新

北海道のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索