複合施設「シエスタ」開業 函館に新たな集客の核に 「無印」道内最大、食も充実

複合施設「シエスタ」開業 函館に新たな集客の核に 「無印」道内最大、食も充実

 函館市本町の旧グルメシティ五稜郭店跡地で、3年掛かりで建設された複合ビル「シエスタ ハコダテ」が22日、開業する。21日に報道陣に商業施設部分が公開され、核テナントの生活雑貨店「無印良品」の道内最大店舗や、飲食と食品販売を組み合わせたフードマーケットホールが姿を現した。

 無印良品は1〜3階のほぼ全区画約2700平方メートルを占め、現在販売中の商品約8千種類のほぼ全てがそろう。1階は食、健康などのフロアで、「カフェアンドミールムジ」は52席を設け、道南野菜を使った総菜などのランチや、スイーツを提供。2階は衣服や旅行用品、3階は家具や家電のフロアになる。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

北海道新聞の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

10時23分更新

北海道のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索