札幌のジャンプ場集約構想 観戦、選手育成に利点 メダル独占の聖地「寂しい」の声も

札幌のジャンプ場集約構想 観戦、選手育成に利点 メダル独占の聖地「寂しい」の声も

 札幌市が、大倉山と宮の森のスキージャンプ競技場(いずれも札幌市中央区)を大倉山に集約し、大倉山に2本のジャンプ台を並べる方向で検討していることについて、競技関係者の多くは「観戦や選手育成がしやすくなる」と前向きに捉えている。ただ、宮の森は1972年の札幌冬季五輪で「日の丸飛行隊」がメダルを独占した「聖地」。当時を知る地元市民からは「寂しい」という声も上がっている。

 大倉山ジャンプ競技場は1931年(昭和6年)に完成した大倉シャンツェが前身。その後2本目のジャンプ台、雪印シャンツェが併設された。市教委が編さんした、さっぽろ文庫「大倉山物語」などによると、72年の札幌冬季五輪の準備段階では、大倉山の2本のジャンプ台を改修して使用する予定だった。だが当時の学識経験者から「70メートル級のジャンプで勝っても、すぐ横に90メートル級があると、観客に『レベルが低い台』でという印象を与えかねない」といった指摘があり、宮の森と分離し、大倉山も1本になった経緯がある。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

北海道新聞の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

北海道 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索