【北広島】市は、未利用の市有地が多いJR北広島駅西口周辺の活性化に向けた基本計画案をまとめた。駅近の市有地を中心にマンションや保育所の整備を目指す内容で、3月中にも最終決定する。駅西口はプロ野球北海道日本ハムのボールパーク(BP)の交通アクセスの重要拠点となることから、BP開業を追い風に民間投資を呼び込み、駅前開発を進めたい考えだ。

 基本計画案は、駅西口周辺にある《1》駅前広場(約1万1500平方メートル)《2》公共施設の臨時駐車場(約5500平方メートル)《3》市福祉センター跡地(約3400平方メートル)《4》市営駐車場(同)=地図参照=の市有地4カ所を中心にしたもの。計画期間は2020年度から29年度までの10年間。