【函館】かつて北太平洋での母船式サケ・マス漁の基地を置き、函館の経済発展を支えた北洋漁業を楽しく学ぶ「クイズで知ろう☆北洋漁業」(函館市文化・スポーツ振興財団主催)が13日、市北洋資料館(五稜郭町37)で開かれ、小学生10人とその保護者が参加した。

 函館の重要な産業だった北洋漁業を若い世代に知ってもらうとともに、同漁業に関する資料が並ぶ同館に親しんでもらおうと、昨年に続き2回目の開催。