【支笏湖畔】冬の支笏湖畔の風物詩「千歳・支笏湖氷濤(ひょうとう)まつり」(実行委主催)が24日、千歳市の支笏湖温泉で開幕した。透明度が高い支笏湖の湖水をくみ上げ、約2カ月かけて製作した迫力の氷像30基が並ぶ。今年は藤の花を氷で再現した「氷藤(ひょうとう)」が初お目見え。「支笏湖ブルー」を象徴するブルータワーや池なども見どころだ。ライトアップは午後4時半〜10時。土日、祝日は午後6時半から花火を打ち上げる。入場時に支援金300円を募る。2月16日まで。(文・三坂郁夫、写真・西野正史)