【清里】冬も凍らない町内の「神の子池」を目指して雪道をかんじきで歩くツアーが行われた。町内外から参加した約50人が、雪に覆われた林道の景色や神秘的な池を楽しんだ。

 きよさと観光協会が毎年開催している。今季は9日に行われ、参加者たちは午前9時半すぎ、林道の入り口でかんじきを装着し、ガイドの案内で約2キロ先にある神の子池を目指して出発。道中で参加者たちは、エゾシカの足跡や野鳥などの姿に興味深そうに見入り、約1時間半で神の子池に到着した。