【支笏湖畔、千歳、恵庭】南から道内上空に暖気が入り、千歳、恵庭の両市は14日、前日に続き3月中旬から4月上旬並みの暖かさになった。開催中の「千歳・支笏湖氷濤まつり」では氷像が解け始め、内部への立ち入りを制限した。千歳、恵庭の両市でもスキー場やスケート場を閉鎖するなど、イベントやレジャーに影響が出ている。

 札幌管区気象台によると、14日午後5時までの最高気温は千歳市支笏湖畔で6・9度、新千歳空港4・8度、恵庭市島松4・5度だった。