【白糠】町青少年旅行村「驚きの森」の直売所「驚きの森Labo(ラボ)」(上茶路72)で21日、地元産メープルシロップを使った菓子や飲み物を楽しむ「樹液感謝祭(メープルまつり)」が始まった。今年が初開催で、22日まで。

 例年2〜3月に驚きの森のイタヤカエデから採れる樹液を煮詰めたメープルシロップを使用。シロップとバターで作るキャラメルを絡めたポップコーン(400円)、水の代わりに樹液でいれたコーヒー、紅茶(各300円)などの限定商品が販売され、約100人が訪れた。