室工大ものづくり基盤センターは来館した人に手渡す記念品を4月から新しくする。ステンレスの板を加工した写真立てや本のしおりなど、「鉄のマチ」のPRにつながり、身近に飾っておけるものというコンセプトにした。

 同センターでは、これまでジンギスカン鍋などを来館した学生や企業などに手渡していた。新しい記念品は、2種類の写真立てと本のしおり、キーホルダーの3点。全てステンレスの板をレーザー加工し、同大のキャラクター「ムロぴょん」や文字がくりぬかれている。青森県六ケ所村の企業に製作を依頼した。