【函館】函館市在住の大嶽郁美さんが、以前暮らしたセネガルで出合った布を用いた猫の置物の作品展「Les chats〜アフリカ布をまとう猫たち〜」を市内で初めて開いている。紙粘土で土台を作り、色とりどりの布を数種類、手縫いで組み合わせて制作した愛らしい猫たちが並ぶ。

 会場のゲストハウス「元町ハウス×カフェ」(元町30)に併設する「おひるごはんカフェtaom」には、猫好きの大嶽さんが2年ほど前から手がけている猫の置物13体を展示した。さりげないポーズでたたずむシルエットは本物の猫のよう。目と口は刺しゅうで仕上げ、表情豊かだ。