北見市は、市内を舞台にした漫画「ひとりぼっちで恋をしてみた」に登場した場所を巡る観光ルートを、インターネットで公開している。作者の田川とまたさんが監修し、漫画に登場した場所を中心に、北見名物も楽しめるようにした。市がマンガや映画と絡めたマップを作るのは初めてで、「市内の人にも作品を通じて、北見のまちを再発見してもらいたい」と話している。

 「ひとりぼっちで恋をしてみた」は2018年から月刊ヤングマガジンで連載。北見に暮らす女子高生「あーりん」こと野田有紗が、恋や出会いを通じて成長していく物語だ。田川さんが「北見をできるだけリアルに描写することを心がけている」と話すように、作中にはJR北見駅周辺やロータリー広場一帯の繁華街、市留辺蘂町の温根湯温泉など、市民になじみの風景が随所に登場する。