新型コロナウイルスの感染拡大でイベントの中止が相次ぐ中、釧路市を拠点に活動するフォークデュオ「ヒートボイス」は5日、市観光国際交流センターで無観客のライブを行った。「こどもの日」にちなんだ曲も披露し、FMくしろの放送と動画投稿サイト「ユーチューブ」の専用チャンネルで生配信された。

 市が2人の歌で自宅で過ごす人に少しでも元気を届けようと企画。約2時間のライブでは「君の住む街」「エール」といった代表曲や、「上を向いて歩こう」など23曲を披露。ユーチューブの生配信は558人が視聴し、メールでリクエストも届けられた。