【稚内】国内風力発電最大手のユーラスエナジーホールディングス系の北海道北部風力送電が、豊富町内で進める送電網整備で使う変圧器3台がタイから届いた。重さ90トン超と巨大だ。

 変圧器は日本のメーカーがタイで製造。大型貨物船で運ばれ、4月20日に稚内港に入港。21日から関連部品の荷降ろしから始まり、変圧器は24日、船に備え付けの50トンクレーン2基を使って降ろされた。