小樽市は27日、新型コロナウイルスに感染した市内の80代の無職男性が死亡したと発表した。男性はクラスター(感染者集団)が発生した日中のカラオケ「昼カラ」ができる市内花園のスナックの客で、市内の昼カラ関連で初めての死者となった。後志管内関連の感染者の死亡は3人目。

 市によると、男性はこの店で活動していたカラオケサークルに所属。15、18日にせきや発熱の症状を訴えたサークル仲間2人の濃厚接触者としてPCR検査を受け、23日に陽性と判明、24日に市内の感染症指定医療機関に入院した。