日中のカラオケ「昼カラ」ができる小樽市花園のスナックで新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)の発生が初めて確認されてから1日で1週間。関連する感染者はこれまでに36人に広がり、市内の感染症指定医療機関の病床は逼迫(ひっぱく)している。感染者は年齢非公表を除いて60代以上で、軽症者らを受け入れる札幌市内の宿泊療養施設の入所対象外となったことも要因だ。市は今後の感染拡大に備え、入院病床数の増加を目指す。

 市はこれまで花園地区の3店でクラスターが発生したと認定。感染者36人のうち、A店が12人、B店が11人、C店が6人、3店のいずれかの客が1人、濃厚接触者6人としている=図参照=。