【留萌】市民限定のセレモニーで10日にオープンする道の駅「るもい」で、地場産食材を使った軽食を販売するショップが6月27日に先行開業して10日あまりが過ぎた。留萌名産のカズノコやニシン、タコ、留萌産小麦ルルロッソなどを使った個性的な軽食が、市外から訪れるドライブ客を中心に人気となっている。市内各店がショップで販売する自慢の商品を紹介する。

 むさし家が販売するのはニシンの甘露煮と塩カズノコ2個がご飯にのった「にしん親子弁当」(900円)。JR留萌駅構内の立ち食いそば店の完全予約制駅弁だが、売店では注文したその場で味わえるのが魅力。同店は「全国から注文が来る人気商品を味わってほしい」。ほかに「とり天うどん」やニンニクベースの濃い味が特徴の「むさしザンギ」なども売れ筋商品だ。